股関節が痛い!でも原因は違うところにあった!

記事 股関節が痛い!でも原因は違うところにあった!のアイキャッチ画像

「最近、股関節が痛いんです。」

「歩いたり、階段上ったり、座っていても痛いんです。」

「ビリビリする感じもします。」

 

股関節を調べて下さい!!

普通はそう思いますよね。

 

 

しかし!!

ちょっと待った!!!

 

 

股関節が痛いからといって、

股関節だけを調べるのは非常に危険です。

 

実は、

違うところに原因が隠れている事があるのです。

 

それは……

 

腰!!

 

腰の骨(腰椎)は

通常5個の骨で形成されています。

この5つの骨は、

椎間板というクションで

ゴツゴツ触れ合わないように

うまいこと作られています。

これ↓

 

ところが、

重いものを持ったりして、

腰に負荷がかかると、

クッションである椎間板が、

外に飛び出しちゃうんです!

 

考えただけで恐ろしい状態ですね…

 

そして、

その飛び出した椎間板が

神経を圧迫します。

 

これを

腰椎椎間板ヘルニア

といいます。

 

病気の名前って、

素直に作られているもので、

要するに

腰椎の椎間板ってやつが、飛び出しちゃった(ヘルニア)よ、

という事です。

(ヘルニアを和訳すると「正常な位置から突き出た状態」です。)

 

 

神経が圧迫されるわけですから、

腰や足が痛くなったり、

しびれが出たりするのですが、

 

ヘルニアが起こった場所によっては

「股関節が痛い」

感じる事があるのです。

 

股関節だけ調べてどうもないって言われたとか、

痛いけど歳だから仕方ないと諦めてるとか、

辛い状況でお困りの方は、

是非一度、ご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA